高輪ゲートウエイ駅で怒りこみ上げ 忘れちゃ困る、元は国鉄

  • 2019.04.07 Sunday
  • 18:19

JUGEMテーマ:鉄道・駅

品川駅を通過して数分。そこに工事中の駅が現れた。高輪ゲートウエイ駅だ。知っての通り新駅建設に際して国民から駅名募集を行った。だが、決定は120数位の高輪ゲートウエイで、応募数から言っても,駅名になるわけがない。おそらくJR東社内が「応募」を隠れ蓑にしただけで初めから決めていたのであろう。皆さんの意見を聞きましたよというアリバイ作りのためだけの茶番劇で国民を愚弄したものだ。高輪でいいではないか。おそらくJR内には企業のことだから企業で決めるのが当然という意識があっただろう。その日、私はメトロ市ヶ谷の駅で老人から尋ねられた。「国鉄に乗りたいのだけれど、こちらでいいか」。国鉄??。そうなんだ。JRは国鉄が前身だ。国鉄という公営企業があって、国の負担もあったかもしれないが、線路敷設には国のことだからと国民の理解と協力、あるいは私財の提供があって、国鉄は成立していた。それが、膨大な赤字になって、組合嫌いの中曽根元首相の英断で分割民営されたのであるが、もともとは国鉄で私企業ではない。それ忘れた?広く駅名募集をやった以上、その結果をもとに駅名は選ぶべきでそれを無視したら何のための駅名募集だったか分からない。どうもJRは生い立ちを忘れて利益追求の私企業になってしまったのではないか?JR東から熱海駅でJR東海の東海道線に乗り換えてごらん。15輛編成が突然3輛編成になる。同じホームの乗り換えにはグリーン車乗客がホームを走る。変ですよ。両社で改善を模索するのが普通。SuicaにTOICA、これだって乗客不在だ。要するにシステムソフトの改修費用をどちらが持つかだけの話で、Suicaで乗り越し沼津駅の改札口に行列を作っている乗客の、あの多さ。それをなんとかしたいという思いにたつはずで、そうであるなら、とっくに解決していた。JR東海に至っては、あの車両編成の短さで、通勤時は山手線以上の混み具合だ。本日は混み合わせまして、当社ウハウハでございます状態だ。それが熱海から浜松まで続く。ところが、豊橋以西は特別快速、新快速、快速に普通。しかもシートは2by2。ベンチシートしかない、静岡県の人間はうらやましい限りだ。要するに首都圏では競合私鉄があり、豊橋以西も名鉄に近鉄があって競っている。競っているところに資本投下して、静岡県民には混み合わせて利益をあげてそれを回して競合資金にする。原点に戻ってほしい。国鉄だったんだよ。何もないところから立ち上げた企業ではないんだ。

 

池上梅園のこと

  • 2019.03.08 Friday
  • 18:32

皇居から向かったのは池上梅園。都営浅草線西馬込駅から徒歩15分くらい。もう梅は終わったかなと思って出かけましたが、早咲き、遅咲きとあって、遅咲きが満開でした。ライトアップは終わったようでした。ここは日蓮宗池上本門寺の隣(西400mくらい)。かつて伊東深水のアトリエ兼自宅があったところです。斜面地を利用した梅林です。東武池上線で池上駅から15分くらいで本門寺を楽しみながら、梅園に遊ぶのも一興です。本門寺には力道山のお墓もあります。五重の塔もありますね。ここの梅林には30種類の梅が植えられていて、紅梅を中心に稀少品種「座論梅」とか同じ木に紅白の花をつける「思いのまま」、あるいはこの時期に満開になる「八重揚葉」等を堪能できます。詳しくはこちらhttps://tabisuki.site/2018/03/otacity_ikegamibaien_01/

 

皇居東御苑のこと

  • 2019.03.08 Friday
  • 11:37

ずいぶんと皇居東御苑には通った。共立女子大に講義に行っていた頃は、大学が神田一ツ橋で、学士会館前、昔の一橋大の横だったので、竹橋から平川門に入り散策して帰ったものだった。その皇居東御苑であるが、今回は大手門から入ったが厳重な警備の中にあった。大手門の前で警察官が荷物チェック。致し方がなかろう。入口では入場札だけをいただき、帰る際に返すだけだから誰でも入られる。大手門を抜けて出迎えてくれたのは馬上の人。本日のねらいは、二条庭園と梅見坂の梅だった。  

 私の勘違いで、二条庭園にあった梅は一木のみ。平川門に近い梅見坂にある梅は咲き誇っていた。しかしながらうるさかった。うるさいのは中国人と相場は決まっていたが、余り中国人は見かけず、うるさかったのはスペイン語の中年女3人組だった。途中で出会ったツアー客もガイドはスペイン語だった。ここは旧江戸城。汐見坂を上るとそこには松の廊下跡や本丸跡がある。国破れて山河あり城春にして草木深しで、松の廊下は花菜園になっている。

皇居ご案内はここ。http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/gyoen-map.html

スマホでの案内ガイドがお勧め。

大手門

お出迎え

大番所

地下鉄などのwifi事情

  • 2019.03.08 Friday
  • 11:00

JUGEMテーマ:一人旅

3月6日にいつものごとく小田急線で代々木上原へ。代々木上原から千代田線で大手町。皇居東御苑。再び大手町から都営三田線、泉岳寺で乗り換えて浅草線で西馬込へ。池上梅園を楽しみ、西馬込駅に戻って浅草線に乗り人形町で乗り換えて日比谷線で上野へ。帰りは上野御徒町から新宿というコースだった。驚いたことがいくつかある。泉岳寺で乗り換えたが、この車輌は京浜急行のもの。西馬込から人形町で乗り換えた車輌も京浜急行。相互乗り入れをしているのだった。小田急と千代田線も同じ。都営とメトロでは料金は都営の方が幾分高い。しかしながら、wifiでは都営はメトロを先んじていると思っていた。しかし、この京浜急行車両ではwifiは全くだめ。Wifiの普及は都心部、新宿や大手町では街中にwifiが走っているが、池上では駄目だった。  面白かったのは、皇居内だ。皇居紹介のアプリがあって、歩いているとiponeにお知らせが入る。そしてiphoneを通じて音声のガイダンスが流れるのである。日本語、英語、中国語、韓国語。フランス語、スペイン語に対応している。しかし、かといってインターネットに接続できるかといえば、できないのである。おもしろい!

新幹線、ひかりとさくらのグリーン車

  • 2019.02.17 Sunday
  • 13:30

JRが発売している「フルムーン夫婦グリーンパス」5日間で九州弾丸旅に出かけた。このチケットは、5日間、のぞみ、みずほを除く全JRの乗車券に特急・グリーン車乗り放題というもの。価格は二人で82,800円。これが高いか安いかはプランの立て方。さて、まずは新幹線旅をご紹介。三島7:27発で静岡までこだま631号に乗車。乗り換え18分。8:10発のひかり461号で新神戸へ。新神戸からさくら551号に乗り換えて博多に向かった。車輌は両者ともN700系。

❶ 新大阪駅は、ひかりとさくらは発着ホームが違う。新神戸で乗り換えが楽

新大阪へは21番線着。さくらは20番線発。20番線と21番線はホームが違う。それで、新神戸乗り換え。同じホームで8分待ち。

❷さくらグリーン車は半輛24席。

ひかりは16輛編成で、8号、9号、10号にグリーン車がある。私たちは、ひかりでは9号の最後尾席のCD席を指定した。最後尾席にスーツケースをシート背後に置くため。CD席にしたのは、この時間にはAB席には陽が差すという理由。新神戸で乗り換えたさくらの座席は最後尾ではない12番CD席。15番CD席は車掌押さえになっていて予約不可だった。他のさくらも最後尾2席は車掌押さえになっていて、どうやら当日指定への対応のためのようだった。帰りのさくらでわかった。ひかりはグリーン車を3輛編成しているので、その対応は必要ないというところだろう。さくらは8輛編成で800系のつばめ・さくらは6輛編成。ちなみにつばめにはグリーン車がなかった。トイレは6号車指定席を通過した5号車との間にまでいくか、7号車にいかなくてはならない。5号車と6号車の間に多目的スペースがあって、ここにパウダールームもある。言い換えればグリーン車専用のトイレはないということ。普通車指定席であるが、さくらは、グリーン車と変わらず2by2(自由席は3by2)。ひかりは普通車自由席・指定席ともに3by2であるが、24席しかないさくらのグリーン車と普通車指定席とは大差なく、さくらでは普通車指定席で十分という印象をもった。

「さくら」のグリーン車の仕様についてはこちらのladygodivaのブログが詳しい。https://plaza.rakuten.co.jp/cutyhonney/diary/201211230000/

❸シートの乗り心地 さくらにはレッグレストがついている

シートの乗り心地は、私はひかりを選ぶ。全体木目調で和の雰囲気を出そうとしている。ひかりと違うところレッグレストがついていること。ただし、その分フットレストは高さ調整を行えない。座りごこちが悪いというのはこのあたりだろう。荷物を座席下に置くとせっかくのフットレストも意味がない。ぐっと体に回ってくるような背もたれの上部に読書灯がついている。テーブルも私は使わなかったが、前後移動するらしい。