奈良興福寺 中金堂見たさに

  • 2019.06.21 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一人旅

=泉涌寺から奈良へ=

泉涌寺から下って、停留所を探した。市営207系で東山7条で降りれば智積院である。さて、その停留所。東大路通りの手前から道路向こうか?停留所にいた女性に聞いたら道路向こうで智積院までは歩いていけるとのこと。後になって地図を見れば確かに。歩いて15分くらいだろう。ついでに東福寺の駅はどちらかと伺ったら、そこの道を下ってすぐですよと仰る。そこの道とは道路向こうの路地を入ればいいということ。時間は10時45分を少し回っている。時間を見ればJR東福寺11時5分発の快速みやこ大路がある。奈良に着くのは11時48分。24日に予定していたが、24日はその後の時間が不安定。いっそのこと行ってしまえと急遽予定変更。

 

=奈良興福寺=

JR奈良駅はすっかりリニューアルされていた。10年前とは違う。駅前の総合観光案内所でMAPをゲット。春日大社方面行きバスで奈良県庁下車。奈良県庁でお食事どうぞという貼物に釣られて県庁6階へ。12時20分頃である。当然のことながら県庁職員で6階大食堂はごった返していて空いている席はない。諦めて階下に降りて奈良公園を抜けて興福寺へ。久しぶりだが、興福寺はもっとスケールが大きかったような気がした。何しろ興福寺には土塀がない。

1 最初に訪れたのは東金堂。昨年落慶法要が行われたのが中金堂で、南円堂の北に跡のみ残す西金堂があった。東金堂の隣が興福寺国宝館でかの美少年阿修羅像が安置されている。東金堂は自身の修学旅行でも引率でも何回か訪れている。本尊である薬師如来像、日光・月光菩薩像、四天王像、十二神将像、維摩居士像、文殊菩薩像などが安置されている。

 寺の歴史からは平家物語南都炎上に描かれている1180年の焼失、1411年にも焼けており、5回の焼失にあっている。

2 堂内のおばさんスタッフとお話しした。鎌倉様式を残している。そんなことを話したら、何度も焼けていてとくだんのお話をした。興福寺は藤原氏。藤原不比等が祖のようなものですけれど、藤原氏は中臣氏、中臣氏は壱岐氏。壱岐のいわばシャーマンみたいなもので、それが対馬の天皇家とくっつき、天皇家に寄生するように勢力を拡大していった。亡くなった梅原猛はだから「藤」だといわれた。藤すなわち寄生植物。そんなお話をしたら大笑いである。

3 興福寺国宝館 印象に残っていることは手足がもがかれた仏像が多かったこと。

4 南円堂。八角堂である。弘法大師が建立に深く関わっていたことが知られています。藤原冬嗣が父内麻呂の病気平癒を祈って建立されたという。また、基壇築造の際に地神を鎮めるために和同開珎、隆平永宝を捲きながら築き上げたと説明されている。

5 興福寺中金堂。長く仮屋だったのを平成22年から再建を初めて、昨年(平成30年10月)に落慶法要が行われた。今後、南大門、中門そして中金堂へと連なる回廊が再現されて往事を偲ぶことになろう。中金堂は朱である。青丹よしで、丹である。仏像は木造。係員の説明では中は木造で外は漆だと言うが、寄せ木造りに私には見えた。

 

=奈良県庁6階で昼食=

再び奈良県庁6階へ。ところが、旗をもったガイドに連れられて外国人ツアーが同じく県庁6階に。???である。そして了解。安いのである。そして外国人、多くは東南アジア系のオーダーはラーメン。なるほどと思った。私は選べる定食をオーダー。ところが食堂のスタッフは何を勘違いしたか、私の前にいたガイドと同じものを私のトレイに。とほほである。

 

=帰りは奈良駅構内のイオンで飲み物購入=

このあたりは、どうもJR東海とは違う。奈良駅構内には巨大なイオンがスーパーを出している。ここで、車内飲み物を購入して京都へリターン。

上左から 1左 奈良県庁 1中 中金堂 1右 興福寺五重の塔 2左 中金堂正面 2中 南円堂

2右 五重の塔、東金堂を望む 3左 北円堂 3中 中金堂 五重の塔を望む 3右 東金堂 奈良国宝館 若草山を望む

4左 中金堂正面 4中 JR奈良駅 4右 みやこ大路車内で喉を潤す

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM