フルムーン夫婦グリーンパス 幻の山陽・山陰の旅

  • 2020.03.04 Wednesday
  • 10:13

JUGEMテーマ:鉄道・駅

行程表表紙

 

 

 

 新型コロナウイルスで3月2日から地元の小中学校は休校になった。多少学校に縁のある私は年に一度の旅行を中止。この旅行は、山陽、山陰を5日間でめぐる旅で、昨年に続いてフルムーン夫婦グリーンパスを活用。このパスは意外と知られていない。詳しくは、このページをご覧あれ。タイプは5日間、7日間、10日間とあって、全国のぞみ、みずほを除く新幹線や特急のグリーン車が乗り放題。ただし、1人行動はダメ。2人併せて88歳以上なら誰でも買えるが同行動が条件。この切符を昨年知って少々海外旅行では体力に疑問になってきた家内を考え、これを使った国内旅行に切り替えた。何しろ安い。

 今年計画した旅行は三島からこだま、静岡でひかりに乗り換えて新神戸。新神戸からさくらで広島へ。なぜ新神戸で乗り換え?さくらは新大阪始発だが、ホームが変わる。新神戸なら同じホームで待てば良い。広島で下車してホテルはグランビア広島。駅構内で便利。昨年、利用したJR九州ホテルズの鹿児島中央がよかったので、今回も連泊でリザーブした。荷物を預け、広島駅で尾道ラーメンか広島焼きのみっちゃんで食事して、こだまで新岩国へ。錦帯橋から吉香公園、岩国城を楽しんで、新岩国から広島に戻る。翌日は宮島、広島市内の観光して夕食に牡蠣を楽しむ。この新幹線移動はすべてグリーン車。1月前の出発日の10時に窓口に行って最後尾の座席をゲット。荷物があるからである。3日目は広島からさくらで新山口へ。新山口からスーパーおきに乗車して津和野へ。津和野観光の後は萩。この間は交通不便なためにレンタカー。東萩駅脇の萩ロイヤルに泊して萩市内を観光し夕食は割烹千代。ここはFBで知り合った萩のお医者さんの紹介の人気店。翌日は朝8時にスーパーはぎ号(バス)で新山口。新山口からさくらで岡山。岡山もホテルはグランビア。岡山城、後楽園へ。岡山駅に戻って吉備津神社、吉備津彦神社を自転車で回り、帰着。翌日、最終日は吉永に出て閑谷学校。午後は倉敷までやくもに乗車。これもわずかな時間だがグリーン車。倉敷美観地区に遊んで再びやくもで岡山へ。岡山から、さくら、ひかり、こだまと乗り継いで、おまけに三島から沼津までグリーン車。この旅は、広島焼きに牡蠣、尾道ラーメン、広島つけ麺などグルメ旅。自前の旅行ガイドブックまで作成して備えてきたのだけれど、首相の要請を受けて世間が自粛に向かう中、断念。
 このフルムーン夫婦グリーンパスは84,330円。1人42,165円になる。どれほど安いか。下をご覧ください。
 〇5日間にかかる乗車券(途中下車でできる場合はロングで設定)31,590円
 〇新幹線、特急 指定席券 27,390円
 〇指定席で乗車した場合の合計は58,980円 つまり、指定席券でも16,815円安い。
 〇グリーン車乗車で計算するとグリーン料金は47,000円。
  乗車券と合わせると78,590円。何と31,590円も安い。
 これが、山陽、山陰でJRが使えない箇所がある旅だから、この程度だが、昨年は九州旅。さらに遠方の博多、鹿児島(指宿も含む)、有田、伊万里、長崎の旅だったから、もっと差が付いた。しかもこの切符は消費税8%の時代だったから2千円ほど安かった。
 九州旅 乗車券39,970円 指定席特急券33,100円 合計73,080 それが41,400円で乗れた。グリーン車にするとグリーン券は33,100円。合計94,750円。つまり半額以下
 この切符のよさはフリー切符であること。直前に列車を変えてもOK。かなり自由度が高い。
 夫婦でなくてもいいのかと不埒な質問もあった。併せて88歳以上が条件。68歳なら20歳の奥さんでも可。入籍してなくても一緒に生活して入れば可。ただし親子はダメとあった。でも、切符買いに行って確かめられなかったなあ。5日、7日、10日券があるが、日数を満たさなくても得になる場合が多い。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM