新幹線以外のJR九州特急グリーン車他

  • 2019.02.16 Saturday
  • 14:49

 前回は、「新幹線、ひかり、さくらのグリーン車」について書きました。今回はJR九州の特急グリーン車などについてです。旅行2日目は博多発7:21のさくらで鹿児島中央駅。9:20発のJR定期観光バス半日コース(詳細はこちら)に乗車。13:20に中央駅に帰着して、❶14:02発の「たまて箱」5号に乗って指宿へ。全席指定のこの電車にどうしても乗りたかくて日程を工夫しました。指定席の間に海側を向いている座席が設定されていました(写真)。伊豆急と同じです。指宿からの帰りは快速「なのはな」。指定席のないベンチシート。車体が黄色というだけ。数年前は先頭車両に指定席があったそうですけれど、今はありません。

 

 

 

❸旅行三日目(214日)は、鹿児島中央駅8:06さくら544号で新鳥栖へ。30分待って特急ハウステンボス5号の1号車グリーンに乗って有田へ。新鳥栖ホームの表示は分かりにくいものでした。というのも、ハウステンボス号は特急みどりと連結されて早岐までハウステンボス号グリーン車

先頭車両の半分。12席です。
新鳥栖駅に入線してくるハウステンボス号。
一緒です。それでどこから乗るのか探しました。双方とも、グリーン車輛はそれぞれの先頭車両の前半分です。車内は1by24列で12席しかグリーン席はありません。私たちが指定されたのはハウステンボス号で、座席はハイデッキになっていました。車内の仕様はヨーロッパ調でお洒落です(写真)。しかも、この日のグリーン車乗客は私たちだけ。有田駅で下車して有田・伊万里をレンタカーで回って、武雄温泉に車を返却。

ここから16:13の普通で肥前山口へ。

この普通車がうらやましかった。何しろ2by2で車内がお洒落(写真)。窓だってこの広さ。高校生の通学電車です。円形につり皮が配されていて面白かった。ベンチシートを覚悟していましたが、ラッキーでした。

 

これで普通車。つり皮が円形に配置

 

肥前山口は、長崎本線と佐世保線が分岐する駅。ホーム表示はここも分かりにくいものでした。乗車するのは、16:42のかもめ27号。かもめには白いかもめと黒い?かもめがあって、車体が違います。

 885系が白いかもめhttp://www.jrkyushu.co.jp/trains/kamome/787系が黒いかもめ。885系の白いかもめのグリーン車も1by2。海側がシングルシートです。長崎からの帰りは787系のかもめで同じく1by2。こちらは2席の方が海側でした。

 

 

 

 

 

 

❻787系のこのかもめにはDXグリーン席が3席ありました。(http://home.s02.itscom.net/tokuseki/jr/k787dx.html)リクライニングはほぼ水平になり、おしぼり・ドリンクサービスがあるそうです。但しフルムーンパスでは乗車できません。特急券にDXグリーン車料金を別途支払えば可とか。また、個室グリーンもあるそうですが、どこにあるか分かりませんでした。

 

香港へ 前泊

  • 2018.03.16 Friday
  • 17:23

明日、成田発NH809便で香港に。今日は前泊。ホテル日航成田。朝、7時46分で家内より先立ち。駅前のファミマでコーヒーと朝食を仕入れて、グリーン車へ。普通車4時間半の旅だが、苦にはならない。大船で20数分待って、AIRPORT成田に乗り換え。この20分。大船駅は橋上駅。ここで、弁当やおつまみを物色。橋上駅でこれができるんだな。大船も、品川も橋上駅で賑わっている。橋上駅は往来自由。一種のショッピングモールみたいなもの。橋上駅だ、高架だ等と議論噴出しているが、存外論客が橋上駅を見ていないのではないか。大船では家内はお弁当を。私は、砂肝のニンニク焼きにパスタ、それにカップワイン。合計1000円ちょっと。グリーン車内でちょっとした居酒屋気分。いいなあ、これが。成田空港第1ターミナル駅について、送っておいた荷物を受領し、シャトルバスでホテルへ。計画では一休みして空港内のレストランに行くつもりだったが、疲れ切ってホテル内で食事。会員優待で20%引き。よかったね。

小田急新型ロマンスカーEXα

  • 2018.02.17 Saturday
  • 08:45

今日は所用で東京。小田急の新型ロマンスカーEXαに乗車。EXより善いところは、些細なところだが、荷物受けフックが設置されたこと。旧型にはこれがなく、ゴミ用のビニ袋や買物も引っかけるところもなかった。網に縛ったり(笑い)。これくらいは、旧型でもすぐに対応できそうだが。小田急のやる気だね。リクライニングは浅いな。新幹線並にしてほしいところ。網よこについている青のわっかは何に使うのだろう?不思議だった。

お安く目白まで

  • 2018.02.15 Thursday
  • 12:53

17日土曜日はお勉強に目白まで。自宅は静岡県東部ですから、さて、どのような経路で安くいくか。途中、新橋にも寄る用事がありますので、ルートは二つ。東海道線で新橋下車。そこからJRかメトロで雑司ヶ谷へ。もう一つは、小田原乗り換え小田急線。代々木上原で下車。千代田線で表参道乗り換えで銀座線。新橋下車。再び銀座線で赤坂見附。乗り換えで丸の内線、新宿三丁目でまた乗り換え。副都市線で雑司ヶ谷。このラインだとJR・小田急の乗車券1250円×往復にメトロ555円。これでいいね。

東京・上野ラインの開通

  • 2015.03.25 Wednesday
  • 08:39
 

  上野東京ラインを十分堪能させていただいた。残念なことは、東京発や上野発がないこと。かつてはこだわりの座席がほしくて、例えば新橋から東京へ出て、東京でグリーン券を買って、こだわりの座席を求めに行ったが、もはやそれは不可能。空いていれば幸運の部類になってしまった。ゆとりある普通グリーンの旅を楽しんだが、それも終わったことだろう。この間の異変。青春18切符がチケット屋から消えていた。新宿西口のチケット販売店には青春切符は1枚もなし。見つけた南口の大黒屋では、何と2回残りが8千円。えっ?の部類だ。1回が4千円。休日とくとく切符より遙かに高額。買う人がいるの?と思ってしまう。大黒屋さんで驚いてはけない。新橋のニュー新橋ビル内のチケット屋では9千円だった。驚き桃の木だった。おそらく、グリーン車と組み合わせて、青春18切符を活用する人が増えたということだろう。だから、青春切符がチケット屋に出回らない、そう理解したがどうであろうか。これは同時に私鉄にとっては脅威であろう。何しろ、新宿・小田原間の株主優待券は、もはや488円で売られていた。正規切符は870円だ。JR起死回生の上野・東京ラインと映ったが、必ずしも喜んでばかりがいられない現実があった。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM